成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

浙江省のバックアップで自社商品をアピールできます! 「静岡県中部都市圏が開設する寧波市の日本品アンテナショップのご案内」

      2019/06/15

おはようございます。中国ビジネスチャンネル主催の諸戸です。

本日は、浙江省寧波市の寧波輸入商品センターに本年8月から開設される日本産品のアンテナショップとその開設記念即売会のご案内をいたします。
アンテナショップの主催は、静岡市など静岡県中部の5市2町(以下「しずおか中部連携中枢都市圏」)です。

現在、しずおか中部連携中枢都市圏では、このアンテナショップ開設に向けて
①アンテナショップへの展示企業の募集
②アンテナショップ開設記念の寧波市現地での展示即売会参加企業の募集
をしています。

静岡県以外の方も参加可能です。

私は、企業再生支援に長く携わってきました。資金繰りに詰まって銀行などにお金を返済できなくなった企業に対する支援です。
その過程で、企業倒産処理もしてきましたが、倒産は悲劇です。
倒産を回避するためにも、また、みなさんの想いを世界に届けるためにも、海外市場(中でも最大市場である中国市場)を取り込みましょう。
企業体力のあるうちに、チャレンジしていただきたいと思います。

1.寧波市と越境EC

日本で製造される日本産品の中国での販売においては、ここ最近では、インターネットショッピングを経由して販売するスタイルが注目されています。

いわゆる越境ECというものです。

寧波市はその越境ECで中国国内に入ってくる外国製品が保管される一大物流拠点となっています。
市内やその周辺に多くの保税区、保税倉庫があり、そこに外国からの商品が運び込まれ、中国国内からの注文に応じて発送されていきます。

寧波市の越境ECの様子や取り組みを経済産業省の日本貿易振興機構(ジェトロ)が取材しています(寧波保税区に聞く)。2016年の記事ですが参考にしていただければと思います。

この寧波市に、本年8月から日本産品のアンテナショップが開設されます。

アンテナショップに産品を展示することで、多くの中国人バイヤーの目に触れさせることができます。
中国での販売拡大を狙う企業にとっては、産品アピールをすることができる空間になります。

ちなみに、寧波市は上海市のすぐ南に位置する都市です。浙江省に属します。
浙江省の省都(県庁所在地に相当)ではありませんが、それでも人口800万人を抱える巨大都市です。
歴史ある都市で、遣唐使や鑑真和尚など日本とのつながりも古くからあります。

市内には天一広場などのショッピングエリアが充実しています。私もここで食事したことがありますが、とてもきれいなショッピングエリアでした。当時は地下鉄がありませんでしたが、今は地下鉄も整備されており発展を続けているようです。

余談ですが、天一広場の東側、川を渡ってしばらくすると、日本食レストランが固まっているエリアがあります。
焼き鳥、おいしかったです(天一広場付近地図)。
日本企業も進出している町なので、ビジネスがうまくいってその後に常駐となっても生活には全く困らない環境だと思います。

2.アンテナショップの概要

アンテナショップの運営主体は静岡市がある静岡県中部の5市2町(以下「しずおか中部連携中枢都市圏」)です。静岡県と浙江省は友好関係にあります。

しずおか中部連携中枢都市圏は、先日、東京で、地元産品の展示即売会を開催しました(東京バザール)。
東京バザールは、在日中国人をメインの来場者として企画され、大いに盛り上がりました。この東京バザールに浙江省寧波市の関係者も来場していました。

東京バザールは多くの来場者で盛り上がりましたが、その盛況ぶりを受けて、第二弾として寧波市でアンテナショップを開設する流れになりました。
かつ、静岡県以外の物産も展示してくれることになりました。

せっかくいい産品を持っているにも関わらず、「中国市場は魅力的だけど自分たちでバイヤーを見つけて取引を開始するのは難しい」と感じておられる企業の方は多いようです。
越境ECが盛んな寧波市に開設されるアンテナショップに展示することで最初のステップである、バイヤー探しはかなり楽になると思われます。

また、前述のとおり、静岡県と浙江省は友好関係にあります。
中国では公的機関とのコネクションがビジネスなど様々な局面で重要になってきます。
しずおか中部連携中枢都市圏と浙江省の関係からのバックアップが期待できるのも魅力的です。

3.アンテナショップ開設記念即売会@寧波市の概要

しずおか中部連携中枢都市圏では、アンテナショップ開設を記念して、寧波市で、記念即売会イベントを企画しています。
静岡県、ジェトロ静岡、浙江省商務庁などが後援します。
共催は、私も参加するMIJBCです。

日程は、8月2日(金)~8月6日(火)です。

8月2日に現地へ入り、
8月3日の午前に設営、午後に開幕式を開催しメディアを通して広く広報活動を行います。
8月4日はいよいよ即売会です。
8月5日は越境ECを進める際のノウハウ説明会や寧波市内の消費動向視察などが予定されています。
8月6日に帰国です。

なお、産品展示は常設なので即売イベント終了後もそのまま、アンテナショップに展示されます。
即売会での中国人の反応を見ながら、展示品を入れ替えてもいいかもしれませんね。
産品は常設なので、即売会終了後に引き合いなどの反応があれば、対応し商談していくことになります。

浙江省商務庁というビジネスを仕切る公的機関のバックアップを受けられるイベントですので、広報面でもいい機会だと思います。
アンテナショップへの展示だけでなく、即売会にも参加され、広報するとともに、中国人の自社産品に対する生の反応を確認していただければと思います。

4.募集要項等

すでに越境ECなど中国市場への販売に取り組んでいる企業はもちろん、中国に行ったことがない企業の方もこのツアーに参加していただき、中国の実態を自身の目で確かめていただければと思います。
アンテナショップへの展示や即売会への参加などの募集要項や参考申込書は以下を参照してください。
締切は6月14日です。お早目にご対応ください。

①中国(寧波)バザール事業募集要項.pdf
②出展企業募集要項.doc
③中国(寧波)バザール事業参加申込書.doc
④日本企業登録表(中国提出用).doc

5.照会先

企業産品出展の詳しい実施要項は、以下担当課をはじめとする5 市2 町へ問い合わせください。
・静岡市経済局商工部産業政策課(福與) TEL054-354-2185 FAX054-354-2132
・牧之原市産業経済部商工企業課(福代) TEL0548-53-2647 FAX0548-52-3772

この貴重な機会を積極的に活用していただければと思います。

以上、寧波市のアンテナショップおよび記念即売会のご案内でした。

 - ビジネスコラム