成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

「ロープライスエブリディー」から何を学ぶのか?

      2021/03/16

書籍紹介の記事です。ビジネスのヒントになればと思います。

経営者の自伝には、成功物でも失敗物でも、経営のヒントになることが多く書かれています。
本日は、世界最大の小売業ウェルマート創業者のサムウォルトンの自伝「ロープライスエブリディー」をご紹介します。

すべてのページをご紹介したいくらい内容が濃い本だと思います。
その中でも私が特に好きな第15章「小さく考える」の内容を紹介します。

なぜ、ウォルマートは巨大になれたのか?
この問いに彼はこう答えます。
・私はこのこと(規模)に注目することはあまり好きではない。私たちが願ってきたのは、最高の小売業者になることであり、必ずしも最大の小売業者でなくてもよかったからである。
・私たちが巨大な会社になったのは、巨大な会社のように振る舞わなかったからだ。

結果として巨大になったと彼は言います。
それでは、最高の小売業者になるためのキーワードはなんだったのか?
彼は、
・Think Small
と答えます。
規模ではなく、目の前の顧客や一店舗のことを真剣に考えて経営をすることが大切であると言っています。
規模へのこだわりがあったのかと思いきや、意外にもそうではなかったようです。

Think Smallによって、たとえば、以下のような方針や施策が実行されます。
・目の前の顧客を大切にする(ために社員を大切にする)。
・一店舗一店舗、丁寧に話し合い、ある店舗で成功したことを店舗間で共有する(ための情報システムを構築する)。
・責任と権限を委譲し、売り場責任者が「店舗の中の店長」といった動きができるようにする(ことで社員を育成する)。
などにつながっていきます。

Think Smallという「軸」がはっきりしていてブレていないため、それぞれの施策が有機的に連動しています。
これが、ウォルマートが結果として巨大になった要因だということのようですね。

ウォルマートは一時、アマゾンなどネット勢力に押されていましたが、IT化の波にもうまく適用し始めているようです。

ビジネスのヒントになればと思います。

 
 

【講師、コンサルティングのご依頼はこちら】
■講演や研修の講師を承っております。以下のようなテーマをご提供します。
・管理職のための「計数管理講座」
・はじめての「M&A講座」
・経営者、経営幹部のための「財務管理講座」
・これから始める「中国ビジネス講座」
・中国赴任者のための「赴任者心得講座」
・中国子会社の「管理強化講座」
上記講座の詳細については、こちらこちらをご覧ください。

■財務管理アドバイスや中国経営に関するコンサルティングを承っております。
下記の詳細をご覧ください。
・社外CFOサービスの詳細はこちら
・中国経営アドバイザーの詳細はこちら
・コンサルティングの一覧はこちら

また、これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【中国顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、中国法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - ビジネスコラム ,