成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

コンサルティングサービスのご案内

      2020/05/13

私、諸戸が日頃提供しているコンサルティングサービスをご案内いたします。
サービス範囲は多岐にわたりますが、ベースは「経営会計」と「中国」です。

貴社の経営目標を実現するためにご活用いただければと思います。
コンサルティングの依頼の際はこちらからご連絡ください。

1.経営顧問サービス未来戦略検討アドバイザー
・社長と一対一で経営の未来についてディスカッションします。目の前の課題に対する対処策の検討をしつつ、中長期の姿も一緒に検討したく思います。
・詳細のサービス内容はリンク先のページでご確認ください。

2.制度構築サービス
・業績測定のための会計制度、経営意思決定のための会計制度の構築をお手伝いします。
・制度構築での私の担当分野はいわゆる要件定義と言われるものです。制度運用は最終的にはシステムを使って測定されたり可視化されますが、実際のプログラム構築はシステム会社の役割となります。私は、そのプログラムの前提となる、制度のコンセプト作りや測定のためのルール作り、活かし方についてアドバイスします。
・これまで構築してきた制度は、月次決算制度、部門別などのセグメント会計制度、原価計算制度、職能資格制度です。

3.社員研修サービス
財務研修中国研修の2分野を提供しています。
・財務研修は、管理者向けの計数管理講座からM&A講座まで幅広に対応しています。
・中国研修は、中国経済解説から中国税制改正まで経済や財務分野のテーマで講演や研修をしています。
・詳細の研修内容はそれぞれのリンク先のページでご確認ください。

4.M&Aコンサルティング
・M&Aのステップをワンストップで支援します。
・ステップとは、相手探し(ソーシング)、売却や買収戦略(税務戦略を含む)、企業評価、買収調査、交渉、契約、統合調整、などを指します。
・海外企業への売却の場合も対応可能ですのでご相談ください。

5.企業再生コンサルティング
・企業再生手続きには大きく2パターンあります。
・再生支援協議会などの公的機関の関与を受けて金融機関と交渉する手続きと、公的機関の支援を受けずに私的に交渉する手続きです。公的機関が絡むと公的機関が認定するコンサルティング会社が指名されてその会社の再生手続きを支援します。
・私は、私的の再生手続きの場合のアドバイザーをすることもできますし、公的機関が絡む場合でも、指名されたコンサル会社の言っていることが正しいかどうかのセカンドオピニオンアドバイザーとしてもサービス提供できます。
・私は、再生支援協議会が設置される前から企業再生支援に従事していますし、過去には国も出資する再生支援ファンドのマネジメントもしていましたので、しっかりしたアドバイスをご提供することができると思います。

6.中国ビジネスコンサル詳細はこちら
・進出から撤退までの手続きや管理についてご支援します。
・進出フェーズでは、視察アレンジ、進出事業計画、進出地選定、設立手続きなどを支援します。
・運営フェーズでは、社内規定の整備、親会社への報告制度、子会社に出向いての現金や在庫の管理状況の調査、不正調査がメインサービスになります。
・撤退フェーズでは、会社抹消登記、売却支援がメインになります。
・詳細詳細のサービス内容はリンク先のページでご確認ください。

貴社の状況に合わせてコンサルティング内容をカスタマイズしますので、まずは、ご相談いただければと思います。

コンサルティングの依頼の際はこちらからご連絡ください。

 - ビジネスコラム