成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国ATMニュース 一時帰国者はご注意を 日本のATMで引き出せる現金には限度額があります。

      2019/02/21

中国外貨管理局のウェイボーに「国外で引き出すことができる現金はいくらまで?」のQ&Aがありましたので、ご紹介します。

ゴールデンウィークということで、中国は短いお休みですが、日本親会社のお休みに合わせて一時帰国される方もいらっしゃることと思います。
帰国された方の中には、中国で作った銀行カードで、日本のATMでお金を引き出すことがあるかもしれません。

原文は国家外汇管理局关于规范银行卡境外大额提取现金交易的通知(汇发〔2017〕29号)で確認できます。

Q:引出限度額はあるのか?
A:ある。年間10万元が限度である。限度を超えて引き出した場合、本年及び翌年にわたって、中国国内銀行カードによる国外での引出を禁止する。

Q:1日では?
A:1万元が限度である。

Q:限度額は、1枚のカードの限度か?それともトータルの限度か?
A:トータルの限度である。たとえば、3枚カードがあった場合、限度は30万元ではなく、10万元である。

2018年1月1日からスタートしている法律です。
以前は、1カード10万元という限度でしたが、変わっています。
このことは、本通知に関する問答で明らかになっています。
外汇局就规范银行卡境外大额提取现金交易有关问题答记者问 で確認できます。

給料の全額を中国の銀行口座に振り込みしてもらっている方は、日本帰国時にATMで引き出したりすることもあるかもしれませんので、限度額にご注意ください。
10万元というと170万円ですから、そうそう使う金額ではありませんが、塵も積もればもありえます。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 総経理のためのリスク管理情報 ,