成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国江蘇省などでブニヤウイルス感染症が発生しています。赴任者の方は報道などに注意ください。

   

中国各種メディアで「江蘇省などでブニヤウイルス感染症が発生」と報道され始めましたので、ご紹介します。

いくつか似たような報道がありますが、腾讯网のものをご紹介します。

■江蘇省人民医院では上半期で37例

・南京市在住の王さんという65歳の女性が、お茶摘み作業後に体調不良を訴えた。数日様子を見るも改善せず、発熱などが再発したため、人民医院に検査に訪れた。
・検査の結果、新型ブニアウイルスに感染していることが判明した。発熱だけでなく、出血、王となどの症状もあった。マダニに咬まれたことが原因と診断された。
・幸いにして、1か月の治療により症状は改善に向かっている。

・新型ブニアウイルスは、2010年に衛生部門によってマダニ中毒者の体内から発見された一種のウイルスで、新型ウイルスに認定されている。
・主にマダニに咬まれることで感染し、軽症であれば自然治癒するが、重症の場合、多臓器不全を引き起こす。

・青島市第六人民医院では、このところ、マダニに咬まれた患者が20名受診しているが、彼らの内、4名が死亡している。

・2018年、浙江省のメディアが、1名の若者とその親戚に新型ブニアウイルスの症状が見られたと報じている。
・主治医によると、若者は母方の祖父からの感染した可能性があるとのことであった。母方の祖父は川道の清掃人で、彼がマダニに咬まれて罹患した後、彼の血液や体液を通して、家族に感染した可能性があるとのことである。
・医者によると、これはヒトヒト感染と考えられるとしている。

・なお、専門家は、感染者と密接に接触しなければ感染することはないため、必要以上に心配する必要はないとしている。

他のメディアでは
・安徽省では4月以降23人の感染で内5名が亡くなり、浙江省では2名が亡くなった(なお、他のメディアでは浙江省杭州で2名の感染者が退院したとの報道があります)。
とか、
・江蘇省、安徽省、浙江省、山東省の4省で約80人が感染、10名以上が死亡
などの報道もあります。

また、医学全在线の記事では、2012年に山東省で発生したケースが紹介されています。
1名の77歳の患者が死亡した後、5人に感染したというケースです。この5人のうち、2名は病院関係者、2名は親族、1名は葬儀関係者だったそうです。

腾讯网の記事では、マダニは山林や草原にいる虫で、作業などで長くそのような環境にいる場合は、服装や虫よけに注意するよう呼び掛けています。

いまのところ、コロナウイルスのように飛沫などで感染するようではないようですが、今後の報道などにご注意ください。
ブニアウイルスは中文で「布尼亚病毒」と表記されます。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・中国経済データや中国税務政策から見た中国経済について
・中国人との付き合い方について
・中国会計や中国税務の基礎講座
・中国子会社の不正防止
これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 総経理のためのリスク管理情報