成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国三峡ダムの水位、入水量、出水量(日本時間7月19日20:00現在)

      2020/09/14

中国三峡ダムの水位、入水量、出水量をご案内します。

三峡ダム、大放水が始まって三日経過しました。今も、放水中です。

ダム湖です。普段は人気観光スポットだけに、夕日をバックに黄金色に染まっています。

今日は、ダム湖の水位上昇を抑えるため出水量を増加させています。
この結果、ダム湖の水位上昇はペースダウンしています。

■昨日の様子はこちらです。
中国三峡ダムの水位、入水量、出水量(日本時間7月18日20:00現在)

■一昨日の様子はこちらです。
中国三峡ダムの水位、蓄水量、入水量(日本時間7月17日20:00現在)

■三日前の様子はこちらです。
中国三峡ダムの水位、蓄水量、入水量(日本時間7月16日20:00現在)

以下が、昨日17時からの水位の変化です(時間は中国時間です)。
※以前のデータは上記で確認ください。
・18日17時 161.36m(入61,000、出34,600)
・18日18時 161.52m(入NA、出34,600)
・18日19時 161.69m(入61,000、出34,500)
・18日20時 161.83m(入NA、出34,600)
・18日21時 161.97m(入61,000、出36,400)
・18日22時 162.09m(入NA、出36,400)
・18日23時 162.25m(入61,000、出36,400)
・18日24時 162.41m(入NA、出36,400)
・19日1時 162.56m(入61,000、出36,300)
・19日2時 162.69m(入NA、出36,200)
・19日3時 162.82m(入61,000、出36,200)
・19日4時 162.96m(入NA、出36,100)
・19日5時 163.09m(入60,500、出36,100)
・19日6時 163.22m(入NA、出36,000)
・19日7時 163.35m(入59,000、出36,000)
・19日8時 163.47m(入NA、出36,000)
・19日9時 163.59m(入58,000、出35,900)
・19日10時 163.71m(入NA、出35,900)
・19日11時 163.77m(入55,000、出37,900)
・19日12時 163.85m(入NA、出37,900)
・19日13時 163.31m(入50,000、出40,000)
・19日14時 163.84m(入NA、出40,100)
・19日15時 163.88m(入53,000、出40,100)
・19日16時 163.96m(入NA、出40,100)
・19日17時 164.05m(入49,000、出37,900)
・19日18時 164.13m(入NA、出37,800)
・19日19時 164.11m(入NA、出40,000)

11時から出水量を増やして、また、入水量も61,000㎥をピークに減ってきましたので、結果、水位の上昇は抑えられています。
設計上の保証水位175mまで、残り10.89mとなっています。
なお、ダムの高さは185mあります。

放水が増えたことで下流域への影響が気になります。
また、下流域に流れ込むダムからの水もそうですが、各地で降り続く大雨の状況が気になります。
さらに、今は落ち着いているダムへの入水量が増加するのかしないのか?も気になります。

まず、ダムからの水を受け止める初期段階になる洞庭湖の現在の状況ですが、以下のように湖の周囲で警戒水位を超過している箇所がいくつかあります。
警戒水位を超えたからといって、すぐに水が溢れるわけではありませんが、その可能性は高まります。
そこにダムからの水が流れ込みますが、加えて、この地域は雨が降っています。

■ダム及び洞庭湖の雨の様子

■洞庭湖周辺の警戒水位超過地域

また、長江水文网の「2020年长江流域重要水雨情报告第29期(2020071808)」によると、今後、

・20日までには、洞庭湖で暴雨
・21日~24日には、嘉陵江水系などダム上流で大雨
と予報されています。

つまり、
・明日20日まではダムの下流域(~安徽省あたりまで)
・明後日21日からはダムの上流域(重慶市の北と南)
でまとまった雨が降る予報です。位置関係は以下です。

嘉陵江は、重慶の市内で長江と合流する長江の支流です。
以下の画像の綺麗なほうが嘉陵江、濁っているほうが長江です。真ん中は重慶のビル群です。

上記の画像は古いものですが、最近の画像はこちらです。ビル開発が進んでいるのと、両河川とも濁っていることが分かりますね。

21日からこの嘉陵江水系で雨が降るそうですので、数日後には重慶のここで長江と合流して三峡ダムへという流れになろうかと思います。

来週にも梅雨が明けるなどの見方もありましたが、中国中央テレビの72時間天気予報でも雨マークが並んでいます。

雨量にもよりますが、それが大量な場合、これまでのダムの放水と21日以降の雨の状況に応じた更なる放流、また下流域に降っていた雨により、今後、下流域でさらに洪水が発生する可能性が高まります。

都市部は大堤防に守られてよほどのことがない限り堤防を越えてくることはないと思いますが、念のため、皆様の子会社が立地する近くの河川等の水位変化にはご注意ください。
中国各地の河川や湖、ダムなどの水位変化はこちらで確認できます。
中国各地のダムや河川の水位が分かるサイト

また、本日、大都市合肥市内で洪水になったようです。
ゲリラ豪雨で一時的に浸水することもあろうかと思いますので、土嚢などの何らかの準備はされておかれた方がいいかもしれません。

最後に、政府発表中国時間19時の三峡ダムの水位と各地の様子を以下にご紹介します。

①政府発表のダム水位、入水量、出水量

②三峡ダムの7月4日からの水位等のグラフ

③今日の合肥

④今日の南京

⑤中央テレビの72時間天気予報図

長江流域に子会社がある会社の方は、子会社工場の近くの河川等の水位にご注意ください。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・中国経済データや中国税務政策から見た中国経済について
・中国人との付き合い方について
・中国会計や中国税務の基礎講座
・中国子会社の不正防止
これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 総経理のためのリスク管理情報