成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国新型肺炎関連ニュース 肺炎防疫期間中に在中国の外国人が守るべき法律

      2020/04/13

中国上海公安出入管理局のウェイボーに「肺炎防疫期間中に在中国の外国人が守るべき法律」の解説がありましたので、ご紹介します。

①基本法規
・出入国管理法(出境入境管理法)第三条
在中国国内の外国人の合法権益は法により保護される。中国国内の外国人は中国の法律を遵守し、中国国家安全に危害を加えず、社会公共利益に損害を与えず、社会公共秩序を破壊してはならない。

②住民登記関係
・出入国管理法(出境入境管理法)第三十八条
満16歳の外国人が中国国内に一時滞在在留する場合、パスポート、国債旅行証書、外国人在留証書などを持参して、公安でチェックを受けなければならない。中国国内に在留する外国人は、規定の時間内に居留地の県級以上の地方人民政府公安で外国人居留証書のチェックを受けなければならない。

③防疫関係
・伝染病防治法第三十九条
医療機関内の病院、病原体保有者、病人として疑わしい者との密接接触者、に対しては指定場所にて医学観察とその他必要な予防措置を施す必要がある。
隔離を拒否或いは隔離期間を満たさない時期に隔離から離脱した者に対しては、公安の協力を得て、強制的に隔離措置を施すことができる。

④処罰関係
・治安管理処罰法
第二十五条 デモ拡散、虚偽の健康情報の報告をした場合、五日以上十日以下の拘留を科し、五百元以下を罰金を科すことができる。状況が軽微な場合は、五日以下の拘留或いは五百元以下の罰金にできる。

第五十条 人民政府が緊急事態下で発布する決定や命令に従わない場合、国家機関職員の業務執行を妨げる場合、警告或いは二百元以下の罰金とする。甚だしい場合、五日以上十日以下の拘留を科し、五百元以下を罰金を科すことができる。

・刑法
第三百三十条(伝染病防疫妨害罪) 伝染病防疫法に違反し、衛生防疫期機構の防疫行為を拒絶し、甲類伝染病の感染を引き起こし或いは伝染を重大にさせた場合、三年以下の有期徒刑或いは拘役に処す。甚だしい場合は、三年以上七年以下の有期徒刑懲役に処す。

第三百三十二条(国境衛生検疫妨害罪) 国境衛生検疫規定に違反し、伝染を引き起こした場合は、三年以下の有期徒刑或いは拘役に処し、或いは罰金を科す。

中国だからというわけではないですけど、法順守にご留意ください。

【講師のご依頼はこちら】
講演や研修の講師を承っております。これまでのテーマには以下のようなものがあります。
・中国経済データや中国税務政策から見た中国経済について
・中国人との付き合い方について
・中国会計や中国税務の基礎講座
・中国子会社の不正防止
これら以外のテーマもご相談ください。
料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 総経理のためのリスク管理情報 ,