成功のための中国ビジネスチャンネル

中国進出、企業の成功と失敗の分かれ道とは。アタックス・諸戸和晃の情報ブログ

*

中国消費ニュース ネットショッピング 月5,000元以上消費する人はどんな人? 

      2018/01/24

中国各種メディアで中国銀聯が発表した「2017移動インターネット支払安全調査報告」の記事がありましたのでご紹介します。

この調査は、決済手段(支付宝やカード)、消費金額の分布、詐欺行為に遭った経験などを調査しています。
調査報告書の中から、主に「月5,000元以上消費する人の分析」に関する部分を一部ご紹介します。
1元17円で85,000円ですね。

①年代別
・70年~79年に生まれたいわゆる「70後」が消費の主力で、70後の51%は月5,000元以上の可処分所得がある。しかし、ネットで月5,000元以上消費する割合は19%である。
・90年以降に生まれたいわゆる「90後」で月5,000元以上を支出する割合は、23%である。80後では20%である。平均可処分所得は70後よりも低いが、一部の富裕層が一定の割合を占めているようである。

②男女別
・ネットを利用する男性のうち、23%が月5,000元を支出する。女性は15%である。2017年に男女が逆転した。

③支付宝などの移動支払手段を使用するケース
・リアル店舗での買い物の73%は移動支払手段を利用している。次いでネットである。財テク商品(理財商品)など高額になると、移動支払手段を利用する割合は低くなる。
・ただし、地域により特徴はあり、北京、天津などでは、ネットでの利用が多くなる。上海では、ほぼ同じである。

平均収入は重要なファクターではないのでしょうか。スネかじりかベンチャーかわかりませんが、若くても2割くらいは月5,000元以上をネットで消費するようです。ネット以外も含めるとどれくらいになるのでしょうか?

60後~90後は社会の中心ですが、仮に総人口の半分の7億人としても、その2割、つまり1.4億人が月5,000元以上をネットのみで消費することになります。

中国ビジネスはいろいろ言われますが、データ的には魅力的ですね。

【顧問サービスのご案内】
当社は、毎月貴社を訪問して、法改正や経済動向の解説や対応のアドバイスを行うサービスをしています。
法改正への対応が遅れると、行政処罰や労働争議などのトラブルが生じかねませんので、是非、本サービスをご利用ください。サービスの詳細や料金の確認及び申し込みは、こちらをご覧ください。

■ご質問、ご相談がありましたらこちら内容を記入して送信してください。

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。
また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

メールマガジンのご案内

期間限定のお得なコンサルティングのご案内や、このブログでは書けない情報を配信しています。メルマガ登録していただき、お役立てください。また、ブログ記事のヘッドラインや業務提携情報なども配信します。メルマガのリンクをクリックしてブログ記事や業務提携情報を漏れなくチェックしてください。

登録はこちらから

 - 未分類