2000社の赤字会社を続々と救った!社長の手紙

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~17:30)

2000社の赤字会社を続々と救った!社長の手紙

長谷川 和廣 著
プレジデント社 1,404円(税込)
buy_amazon
1、2合わせて20万部ベストセラー『社長のノート』の著者、最新作。著者がすべての人に言いたいこと、「横着者には、なるな!」ほか135通の手紙を掲載した仕事の心構えがわかる本です。 社長が書き続けた、部下への135通のメッセージ。心にストンと落ちる言葉、やさしく戒めてくれる言葉、やらねばという気持ちになる言葉、現状を打破してくれる言葉、そして、自分を成長させる言葉の数々を学んでみませんか。

著者紹介

長谷川 和廣(はせがわかずひろ)

1939年千葉県生まれ。中央大学経済学部を卒業後、十条キンバリー、ゼネラルフーズ、ジョンソン等で、マーケティング、プロダクトマネジメントを担当。その後、ケロッグジャパン、バイエルジャパンなど外資系企業で経営幹部や代表取締役などの要職を歴任。2000年、(株)ニコンとエシロール社の合弁会社(株)ニコン・エシロールの代表取締役。50億円の赤字を抱えていた同社を1年目で黒字へ、2年目で無借金経営に変貌させた経営手腕は高く評価されている。

これまで2000社を超える企業の再生事業に参画し、とくに中間管理職である課長を中心に熱烈指導。「課長が元気な会社は赤字でも生き抜くことができる」ことを実感。その経験をもとに、現在は会社力研究所代表として、国際ビジネスコンサルタントとして活躍する一方、再生事業で培った「利益を生み出す組織、仕組みの作り方」を多くの企業に伝えている。
アタックスグループ 顧問。

(発刊当時の情報となります)

内容

社長が書き続けた部下への135通のメッセージ
心にストンと落ちる言葉、
やさしく戒めてくれる言葉、
やらねばという気持ちになる言葉、
現状を打破してくれる言葉、
そして、自分を成長させる言葉の数々に
学んでみませんか。
1、2合わせて20万部ベストセラー『社長のノート』の著者、最新作。

目次

目次

はじめに 若い人たちに贈り続けた、仕事の心構え。その“手紙”とは

第1章 行動する人、横着者の人

  • 横着者は生き残れない!
  • 靴をキレイに磨いているか?
  • 劣等感は犬も食わない
  • 100%を目指しなさい
  • 負け組から脱する簡単なワザ
  • 決断が速い人は行動も速い
  • 社内のルールを破りなさい
  • 70点は落第、100点で合格だ
  • 頭脳より、行動のほうが強い
  • 「疲れた」「しんどい」は禁句!
  • 徹夜するほど、仕事を楽しめ!

第2章 仕事のプロになれる人、最後までアマの人

  • 「売れない理由」を探さない
  • 生き残れる営業マンの知恵
  • 二人でやる仕事を一人でこなす
  • 名刺ではなく、実績で仕事!
  • お客様の不満に気づく人に!
  • 設定ノルマの上を行きなさい
  • 時間管理のポイント
  • 要約する力を持っているか
  • 感謝の気持ちを大事にしよう
  • 売る前に、相手の役に立つ
  • ミニ社長になれ!
  • 相手の心の読み方
  • 依存心を捨てなさい
  • 嘆く前に、この時代を利用しよう
  • どんな仕事も三連勝を狙う

第3章 ツキを呼び込む人、スランプを招く人

  • 机は小さいほどいい
  • 仕事がつまらないのは自分のせい
  • スランプのときこそ忙しく!
  • 小さな成功体験から学ぶ大きなこと
  • 挨拶上手は、みな仕事上手
  • チャンスをつかむ人の共通点
  • マイナス言葉は口にするな!
  • ミスがなくても負け組に
  • ここ一番で力を出せる人
  • イヤなことほど先にやろう
  • 根拠なき自信を持とう
  • “ポジティブ馬鹿”になるな!
  • 知恵と汗は、同時に出す
  • ミスしたら120%の力で働きなさい
  • 「人気」は出世の必要条件
  • 行き詰まったときは人に会え!
  • スランプの次に来るのはチャンス

第4章 リーダーになる人、使われて終わる人

  • うるさい、細かい、しつこい人になる
  • ほめ上手は仕事上手
  • 知的腕力を持ちなさい
  • 縁の下の力持ちを優遇しよう
  • 清濁併せ呑むな!
  • ブレストではダメ出しせよ!
  • 部下は潰すな。育てよう!
  • 長所を探せる人は経営者向き
  • 欲しいのは「部下を本気にさせる人」
  • 文句の多い寿司屋が旨いワケ
  • 上司は無能に見えるもの
  • リーダーは調整役になるな!
  • 働く意味を伝えなさい

第5章 仕事が上手な人、数字を残せない人

  • 残業は朝にやれ!
  • 上司の気持ちになる
  • 給料は天から降ってはこない
  • 人の“欲望”には敏感に!
  • 過去の栄光は捨てよう
  • 相手の支払い能力を見る
  • 感じたことはその場でメモ
  • 相手に伝えたい三つの情報
  • 高い目標を掲げる効果
  • 一歩目のスピードを上げなさい
  • 必勝パターンを磨け!
  • 部下を成長させるために
  • 成功こそが成功のもと!
  • ポジティブな言葉を投げかける
  • 高く仕入れるな! 安く売るな!
  • 自分のなかの不良在庫を減らせ
  • 差別化を真剣に考えよ!
  • 商いの原点を知りなさい
  • 仕事に「プライド」を持つ
  • 神は細部に宿るのだ
  • カタチより内容を重視する
  • 自分の“持ち味”を知る

第6章 成果を上げる人、結果を出せない人

  • 才能より「継続は力」が勝つ
  • 「楽しんで取り組む人」が欲しい
  • チャンスは自分でつくるもの
  • つらいことが最後に面白くなる
  • 自分を戒めるとき
  • 会社が見ている「本気度」は?
  • 「いい人」だけでは昇進できない
  • そう簡単に利益は出ない
  • 5時になったら、時計を見るな
  • プロになれ。現状維持に満足するな!
  • 目標なくして結果なし!
  • 一番強いのは正攻法!

第7章 味方をつくれる人、敵ばかりが多い人

  • 費用対効果の高い人になる
  • 可愛がられても、出世できない
  • 成功体験を語れる人に!
  • 「前へ前へ」と出る人に
  • 人脈づくりのマジメとケジメ
  • できるのに“困った人”がいる
  • 得意技を持ちなさい
  • カミソリより、斧になる
  • 評価されたら、二倍働く
  • 恐れられる人になる
  • 底力の大切さ
  • 味方につけたい人
  • 耳は二つで、口は一つ
  • コミュニケーション能力は簡単
  • 安請け合いするな
  • 固有名詞は覚えなさい
  • 「信用こそ第一」と考える
  • いつまでもフレッシュな人に
  • 質問する気で、会議に出よう
  • 忙しい人になりなさい
  • 嫌な人でも優秀なら許される?
  • 四つの力を身につけよう

第8章 時代を変える人、時代に飲み込まれる人

  • 「不可能です」は最後の最後に
  • どんな企業も、基本は冷血
  • 激しい競争に身を置け!
  • 動物から生き残りの方法を学べ
  • 最大限の力を出し切れ!
  • 昨日より、成長したい
  • 動かなければ始まらない
  • 見えないところで、この努力
  • 生き抜くための意識改革
  • 常識を疑え
  • 「一人勝ち」を恐れない
  • 自分の“価値”を高める
  • ひと花、咲かせよう!
  • 目の前の仕事に集中する
  • 「運」をつかむのは自分次第
  • 新しい情報をもたらせ!
  • スキームを生み出す人材になる
  • 生き残る人の三つの約束
  • 「辞めたい」という言葉は飲み込め
  • 折れない心を手に入れる
  • 希望のタネをまきなさい
  • 経営に必要な図太さと覚悟
  • 勝ちぐせをつけよう

私の生き残り、10の秘策

あとがきにかえて--この本を最後まで読んでくださった、みな様へ贈る言葉