2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~18:00)

2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート

長谷川和廣 著
2009年 かんき出版  1,404円(税込)
buy_amazon
仕事で「おやっ!」と思ったことを、27歳の時から書き始め、社長になってからも書き続けた OYATTO NOTE(おやっとノート)。 そのなかから、とくに実践してすぐ仕事に役立つ142のキーワードを本書で公開します!

著者紹介

長谷川 和廣(はせがわかずひろ)

1939年千葉県生まれ。中央大学経済学部を卒業後、十条キンバリー、ゼネラルフーズ、ジョンソン等で、マーケティング、プロダクトマネジメントを担当。その後、ケロッグジャパン、バイエルジャパンなど外資系企業で経営幹部や代表取締役などの要職を歴任。2000年、(株)ニコンとエシロール社の合弁会社(株)ニコン・エシロールの代表取締役。50億円の赤字を抱えていた同社を1年目で黒字へ、2年目で無借金経営に変貌させた経営手腕は高く評価されている。

これまで2000社を超える企業の再生事業に参画し、とくに中間管理職である課長を中心に熱烈指導。「課長が元気な会社は赤字でも生き抜くことができる」ことを実感。その経験をもとに、現在は会社力研究所代表として、国際ビジネスコンサルタントとして活躍する一方、再生事業で培った「利益を生み出す組織、仕組みの作り方」を多くの企業に伝えている。
アタックスグループ 顧問。

(発刊当時の情報となります)

目次

はじめに

1章 プロ社員にならないと生き残れない
あなたは仕事を「自分の頭で考え、それを楽しみ、そして苦労し、その成功体験を積み上げていく人」ですか?会社が信頼を置くのは、やはり成功体験の多い人。不況の時ほど、絶大な威力を発揮します!

2章 仕事でいい結果を出す人は、この行動がちょっとだけ違うだけ
あなたの仕事ぶりは、周りの人と比べてどうですか?日々の工夫、改善、進歩は業績に反映されていますか。仕事でいい結果を出す人は決まって、目には見えない努力をしています。
頭ひとつ抜け出すために、今すべきこととは……

3章 「あなたしかいない!」と思わせる
あなたは「自分で解決策を編み出す人?それとも人に頼るタイプ?」。この違い天と地です。おみこしにぶる下がっていたら、すぐにふるい落とされる時代。いますぐ依存心を捨てて、担ぐ側に回らなければ!

4章 一流になれる人はここが違う
あなたは「独立して生きていける人?それとも組織のなかで生きていくことを望む人?」そちらにしても自立した、能力のある個人として勝負しなければなりません。そのためには行動あるのみです。

5章 自分も会社も生き残る
あなたには「経営者の心のうち」が分かりますか?いまのような大不況時代、トップたちの本心はズバリ、「背に腹は代えられない」なのです。だからこそ、いま以上にやる気を出し、底力を見せつけなければ!

6章 会社から大切にされる人、されない人
あなたは「自分の力」をどこまで発揮していますか?アクセル全開で働いていますか?少しでも余力があるなら、さらに磨きをかけてパワーアップを。その差は数年後に、ものすごい差になります!

7章 売ることを知っている人は強い
自分たちが作り出す商品がどんなにすばらしく立派だろうと、売れなければ価値がありません。そういう意味で、どんな悪条件にあったとしても、売るというノウハウに熟知している人は頼もしい人は頼もしい存在です!

8章 自分の得意技を持ちなさい!
会社という組織を全員野球、チームプレーが大切です。でも、個人個人が弱かったら勝ち目はない。だからまず、自分自身をピカピカに磨く。そして補欠からレギュラーに、そしてコーチ、監督へと進んでください!