大変!その原因と対応

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~17:30)

大変!その原因と対応

大武健一郎 著
2009年 かんき出版  1,620円(税込)
buy_amazon
すべては1991年から始まった!「大きな変化」という潮流の真っ只中へ向かっている、この現在進行中の「大変」な時代を、どう読み、どう対応すればよいのかをわかりやすく解説する。

著者紹介

大武 健一郎(おおたけけんいちろう)

1970年、東京大学卒業後、旧大蔵省に入り、主税局長、国税庁長官を歴任。
35年間の財務省(旧大蔵省)勤務のうち20年間を税に携わる。税制の企画立案と税務行政の両方を担当したという点で、他に例をみない税の専門家である。 また、日米租税条約を32年ぶりに全面改正したアメリカとのタフなネゴシエーションは、あまりにも有名である。
現在、税務大学校客員教授、関西大学客員教授、ベトナム簿記普及推進協議会理事長、超高齢化社会問題研究会委員、東京工業大学非常勤講師、ビジネス・ブレイクスルー大学院大学客員教授、中央財経大学(北京)名誉教授を務める。
主な著書に、ベストセラーになった「データで示す日本の大転換」(かんき出版)のほかに、「税財政の本道」(東洋経済新報社)、「平成の税・財政の歩みと21世紀の国家戦略」(清文社)がある。アタックスグループ 顧問。

(発刊当時の情報となります)

目次

はじめに 「大変」は挑戦する価値あるチャンス

第1章 「大変」な時代が始まっている

  • 始まりはサブプライム問題ではない!
  • 日本の協力がソ連崩壊を誘発した
  • クリントン時代にも「チェンジ」がもてはやされた
  • クリントン政権の軍民転換政策がカギ
  • 「暗号の自由化」がインターネット革命を呼び起こした
  • 金融マニュアルと金融工学の融合がもたらしたもの

第2章 日本の「大変」の本質

  • 為替レートを使ったアメリカの対日攻略
  • 1ドル=360円の真相とは?
  • 就職氷河期は10年以上続いている
  • 地価が下がったのは、中国の安い地価に引っぱられているから
  • 格差を拡大させているほんとうの理由は?
  • 3つの大変化が日本を襲いはじめた
  • これからをどう耐え忍ぶか

第3章 アメリカの「大変」の本質

  • 世界に先行したITバブルが崩壊した
  • 「住宅神話」の崩壊が引き起こしたもの
  • アメリカの個人貯蓄率は、ついにゼロ
  • 中国の海軍力の強大化が脅威となる
  • アメリカが期待する「海の大国・日本」の歴史
  • アメリカ発の金融破綻が世界に拡散した
  • ヨーロッパの混乱はさらに激化する
  • ドルのばらまきで最悪の事態を回避できるか
  • アメリカドルの変動が激しすぎる
  • それでも基軸通貨はアメリカドルしかない
  • ドルの信認低下は防げるか
  • アメリカ経済はなぜ地に落ちたのか?
  • ビッグ3の破綻は救えるか
  • 頼みの綱は軍需産業の雇用吸収力

第4章 モノづくり大国・ニッポンの再生

  • ピンチをチャンスに変える
  • 金融万能からモノづくりの時代へ
  • 世界でもめずらしい「モノづくり大国」
  • 「実学」でモノづくり人材を育成する
  • 日本人の感性が生み出したもの
  • 履き心地のいい靴下は世界中で売れる
  • 日本製の蚊帳がマラリア禍を救っている
  • 経済発展と環境の調和を図るのは日本のお家芸

第5章 世界が期待する「クール・ジャパン」

  • 日本の果実は世界一おいしい!
  • 日本酒がシャンパンにとって代わる日
  • クール!最北の動物園が甦った!
  • 先端企業を支える京都の伝統文化
  • アートとサイエンスの融合は日本の伝統芸
  • 日本人をクールにした「災害列島・日本」の知恵
  • 世界中の料理が自宅で食べられる国・ニッポン
  • 世界を唸らせた郵便局・交番・薬局の発明
  • 世界がうやらむケータイ・コンビニ・宅急便

第6章 日本の未来戦略

  • 社会に適した相続税改革の実現が急務
  • 同族型の事業承継を見なおそう
  • 超高齢先進国・ニッポンが果たすべき役割
  • 「お一人さま」ビジネスに見る日本の現実
  • 65歳からのハローワークで活き活き働こう
  • 寄付者を高く評価する社会へ脱皮しよう
  • 現場力を活かす日本型経営を再認識する
  • 税理士による「未来会計」の活用
  • 複式簿記をアジア諸国に普及する
  • アジアを活性化する日本語のすすめ
  • アジアとの経済協力で日本も活性化を
  • 日本の発展は平和が大前提

おわりに