日本でいちばん大切にしたい会社

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~18:00)

日本でいちばん大切にしたい会社

坂本光司 著
2008年 あさ出版  1,512円(税込)
buy_amazon
なぜこの会社には4000人もの学生が入社を希望するのか?なぜこの会社は48年間も増収増益を続けられたのか?なぜこの会社の話を聞いて人は涙を流すのか?6000社のフィールドワークで坂本教授が見出した「日本一」価値ある企業をご紹介します。

著者紹介

坂本 光司(さかもとこうじ)

浜松大学教授・静岡文化芸術大学教授等を経て2008年4月より法政大学大学院政策創造研究科(地域づくり大学院)教授、及び法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科(MBA)客員教授。
他に、国、県、市町や商工会議所等団体の審議会や委員会の委員を多数兼務。
専門は中小企業経営論・地域経済論・産業論。
編著書に「中国義烏ビジネス事情」「私の心に響いたサービス」「消費の県民性を探る」「選ばれる大企業、捨てられる大企業」「地域産業発達史」(以上、同友館)、「この会社はなぜ快進撃が続くのか」(かんき出版)他多数がある。
アタックスグループ 顧問。

(発刊当時の情報となります)

著者より

本書の第1部で、私は「会社経営とは『5人に対する使命と責任』を果たすための活動」であるとして、経営の目的を以下の5つに定めています。

  1. 社員とその家族を幸せにする
  2. 外注先・下請企業の社員を幸せにする
  3. 顧客を幸せにする
  4. 地域社会を幸せに、活性化させる
  5. 株主を幸せにする

多くの経営書では、会社は株主のものである、と書いています。また、「会社は誰のものか」という議論では「株主のもの」という考えが支配的で、経営の目的も「顧客満足」とか「株主価値の最大化」などということが当然のようにいわれます。

しかし、私は、会社は顧客のためのものでも、まして株主のためのものでもない、と思います。社員が喜びを感じ、幸福になれて初めて顧客に喜びを提供することができる。顧客に喜びを提供できて初めて収益が上がり、株主を幸福にすることができる。だから株主の幸せは目的ではなく結果である――これが私の考えです。

第2部で、この点を実証する「日本でいちばん大切にしたい会社」を紹介します。

本書を通して、働くことの意味、会社という存在の意味を、考えていただければ幸いです。

目次

はじめに

第1部 会社は誰のために?

  • 「わかっていない」経営者が増えている!
  • 会社経営とは「五人に対する使命と責任」を果たすための活動
  • 業績ではなく継続する会社をめざして
  • 業績や成長は継続するための手段にすぎない
  • 社員は利益だけを求めているわけではない
  • 「多くの人を満足させる」こと。それが会社の使命
  • 経営がうまくいかない理由は内側にある
  • 中小企業にしかできないことがある
  • 日本で大切にしたい会社を増やそう
  • 続けていくことの大切さ

第2部 日本でいちばん大切にしたい会社たち

★1 日本理化学工業株式会社
障害者の方々がほめられ、役立ち、必要とされる場をつくりたい

  • 社員の七割が障害者の会社
  • 「私たちが面倒をみますから」
  • 誰でも何かの役に立ちたい
  • 人を工程に合わせるのではなく、工程を人に合わせる
  • 多くの企業が逃げている現状
  • 「おれたちまでおかしいと思われる」
  • 新製品の開発に向かって
  • みんなが支えてくれる会社づくりを!
  • 消費者にできることがある
  • 五〇年の歳月の重さ、あたたかさ
  • 社員の家族が喜ぶ会社
  • 世代から世代へ受け継がれていく志
  • 気配りには気配りで応えたい
  • 自分たちにできることを考えよう
  • Column 重度の障害をもつ彼女だからこそ、わが社が採用しなければ
    株式会社ファンケルスマイル

★2 伊那食品工業株式会社
「社員の幸せのための経営」「戦わない経営」を貫き、四八年間増収増益

  • 四八年間増収増益という驚異の会社
  • 斜陽産業のなかでも成長は続けられる
  • 「いい会社をつくりましょう」
  • 会社は社員の幸せのためにある
  • 地を這うような伸びでいいから継続することが大事
  • 「お客様の希望に応えてあげてください」
  • 自社で考え、自社で創って、自社で売る
  • 敵をつくらず、オンリーワンに
  • 常に工夫し、未来に投資する
  • 一〇〇年カレンダーを貼っている意味
  • 会社の原動力は経営者で決まる
  • 一人の社員も危ない目にあわせない
  • 市民が憩う、開かれた会社
  • 公園に通学路……「これが会社の敷地なの?」
  • 朝早く掃除、休みを利用して植木の手入れをする社員たち
  • 「こんな会社、初めてです」バスガイドも感激
  • 社内のおみやげコーナーでの心配り
  • 通勤中でも買い物中でも気配りを忘れない社員たち
  • 目先の利益よりも継続を心がけて
  • Column 七五年間連続増収企業は、「社員がハッピーなら会社もハッピー」
    ジョンソン・アンド・ジョンソン株式会社
  • Column 三年間入院した社員にずっと給料・ボーナスを払い続けた
    樹研工業株式会社

★3 中村ブレイス株式会社
「人を支える」会社には、日本中から社員が集まり、世界中からお客様が訪ねてくる

  • 日本でいちばん辺鄙な場所にある会社
  • 大都市から就職しにくる若者たち
  • 人を支える社長の信念
  • 過疎が進む故郷で、たった一人の創業
  • 初めての社員は出社拒否?
  • 両足をなくしたモンゴルの少年の手助けを
  • 「あなたの席を空けて待っています」
  • 「休みなんかいらない!」社員たちの熱い使命感
  • 必要なものを必要としている人に・・新しい製品の開発
  • 世界に一つしかない本当の物づくり産業を
  • 責任が重く手間がかかる仕事から逃げている企業
  • リーダーとは、人への思いが強い人
  • Column 難病になった娘のためにリフト付車椅子を開発
    キシ・エンジニアリング株式会社
  • Column 骨粗しょう症の高齢者のために人工関節を開発
    株式会社ホリックス
  • Column 「子ども」という弱者の視点で「飲むカメラ」を開発
    株式会社アールエフ

★4 株式会社柳月
地域に生き、人と人、心と心を結ぶ経営を貫いていく

  • 「お菓子の町」帯広にこだわる会社
  • 泣いている子を笑顔にさせるお菓子の魅力にとりつかれ
  • 最低限の生活を維持し、すべてを開発にかける
  • 「五つの使命」に忠実に従った経営活動
  • お客様から愛される、心を結ぶ会社
  • おいしさが二人を近づけた縁結びの菓子
  • 教育も経営も基本は「感動」
  • 競争率一〇〇倍! 学生も殺到するその魅力
  • 三万四〇〇〇平方メートルのスイートピア・ガーデン
  • 同業者もいっしょに盛り立てる
  • 「心を結ぶ」という原点を忘れない会社
  • Column 心のやさしい子どもたちを育てるために、五〇年間詩集を発行
    柏屋

★5 杉山フルーツ
「あなたのお客でほんとうによかった」と言われる、光り輝く果物店

  • さびれた商店街に輝く右肩上がりの小さな店
  • やって来た婿養子
  • 「このままでは店がつぶれる!」昼行灯、目覚める!?
  • 生き残りをかけた改革
  • お客様の都合に合わせた結果の「年中無休」
  • 高価なメロンが年に八〇〇〇個も売れてしまう
  • 故郷の母にコミュニケーションとなる果物を
  • 若い二人の門出にそえた、採算度外視の贈り物
  • 「あなたのお客でよかった」と言われる経営
  • 小売店からメーカーをめざして商品開発にも注力
  • 杉山フルーツが教えてくれること
  • 「とうてい大切にできない会社」と「心から大切にしたい会社」

おわりに