平成の税・財政の歩みと21世紀の国家戦略

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~18:00)

平成の税・財政の歩みと21世紀の国家戦略

大武健一郎 著
2006年 納税協会連合会/清文社 2,700円(税込)
buy_amazon
日本はフリーズされていた「敗戦」の処理を終えて、いよいよ新しい時代に入った――。「税」の視点から平成の日本経済を見つめた講演記録と、大国・日本の将来に向けての国家戦略を熱く語る、野村大阪ガス会長との対談を収録。

著者紹介

大武 健一郎(おおたけけんいちろう)

1970年、東京大学卒業後、旧大蔵省に入り、主税局長、国税庁長官を歴任。
35年間の財務省(旧大蔵省)勤務のうち20年間を税に携わる。税制の企画立案と税務行政の両方を担当したという点で、他に例をみない税の専門家である。 また、日米租税条約を32年ぶりに全面改正したアメリカとのタフなネゴシエーションは、あまりにも有名である。
現在、税務大学校客員教授、関西大学客員教授、ベトナム簿記普及推進協議会理事長、超高齢化社会問題研究会委員、東京工業大学非常勤講師、ビジネス・ブレイクスルー大学院大学客員教授、中央財経大学(北京)名誉教授を務める。
主な著書に、ベストセラーになった「データで示す日本の大転換」(かんき出版)のほかに、「税財政の本道」(東洋経済新報社)がある。

(発刊当時の情報となります)

目次

第1部 平成の税・財政の歩み

  • 我が国の税制改革の諸問題
  • 税制改革について
  • 今後の税制のあり方について
  • 激動の時代の税制改正
  • 激動の時代を生きぬくために
  • 税・財政の現状と21世紀への展望
  • 21世紀初頭の税・財政と21世紀の展望
  • 日本再生の道-税・財政を考える
  • あるべき税制の構築に向けて
  • 日本経済の動向と日本の進路-税制改革の視点から

第2部 21世紀の日本の国家戦略