入社一年目からの絶対達成入門

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~18:00)

入社一年目からの絶対達成入門

入社1年目からの絶対達成入門
横山信弘 著
2017年3月 あさ出版 1,404円(税込)
buy_amazon
「一生食べていくのに困らない人」「どこに行っても活躍できる人」に共通している「あたりまえの基準」とは。 10年前まで「あたりまえ」だと思われたことが、すでに「あたりまえ」でないことがあります。これからの時代「何があたりまえ」で「何があたりまえでない」のか。働く人たちすべてに目標達成の基本の「き」をお伝えします。

目次

はじめに
“一生食べていける”ために大切な「あたりまえの基準」

第1章 人に頼らず「自分で違いがわかる」ようになるために
●自分で自分の判断に責任を持つ
●「これが普通」と1秒以内で答えられるか
●気をつけたい「言葉の使い方」
●「市場価値」はどこで決まるか?
●さまざまな経験を積んでみる
●「水平読者」をマスターせよ
●思考パターンをメンテナンスする「垂直読者」
●「ドリームキラー」に要注意
●「入口」は本が一番
●視野を大きく広く持つ

第2章 これからを生き抜くために必要なスキルとは
●「やる気」は素晴らしい能力
●実力=実績×能力
●これからの時代に必要な二大能力とは
●相手の立場に立って考える
●「そこまでやるの?」と言われるぐらいやる
●仕事の概算力を身に付ける
●喋りはヘタでもかまわない
●「ページング」は社会人の基礎力
●どんな仕事も「つべこべ言わず、まず全力で」
●かわいがられなくていい、ただ文句は言われないようにする
●叱られるのは仕方ないが、叱られ方は自分次第
●常に「ボール」は自分が持つ
●接触する相手は「2:3:5」の割合で

第3章 自分を伸ばすために知っておきたいこと
●目指すは「ミネラルウォーター」
●「ノリのよさ」は大人の対応
●「調子に乗る」のではなく「調子を合わせる」
●「悩む」のではなく「考える」
●「脳の体力」をつける
●「スローガンマネジメント」には「数字」をあてはめる
●「設定グセ」と「達成グセ」をつける
●言葉を変えると、思考が変わる
●仕事を「確実にこなせるようになる」方法
●「観察力」を鍛えると違いがわかる
●「一般化のワナ」に落ちないように
●「たかが身だしなみ」でレッテルを貼られてはもったいない

第4章 自分の人生を後悔しないために
●「発生型目標」と「設定型目標」はきっちり区別する
●仕事は「慣れ8割、冒険2割」
●「謙虚さ」をはき違えない
●トラブルの9割は「歪曲」と「省略」が原因
●目的も終わりも見えない業務から、自分を守る方法
●「転職したい」と思ったら、まず考えるべきこと
●「山登り」と「川下り」のキャリア
●「自分の殻」は「ゴム製」と考える

おわりに
「誰かのため」は「自分のため」につながる

「あたりまえの基準」をアップする参考図書リスト