人事制度を動かすのは管理職のあなたです!

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~17:30)

人事制度を動かすのは管理職のあなたです!

西浦道明・鈴木茂和 著
かんき出版 1,512円(税込)
buy_amazon
いかに人財力を高め、精鋭化するかが、企業が生き残る上での大きな課題と言えます。この課題にどのように立ち向かえばよいのか解説します。

目次

プロローグ

  • 経営と人事を結びつける――まえがきに代えて
  • いまなぜ「成果主義」なのか?
  • 経営は「未体験ゾーン」へ
  • 従来型人事制度の概観
  • 職能資格等級制度の限界
  • 変革の方向性
  • 成果主義に対する誤解
  • 経営責任と自己責任
  • 経営者のリーダーシップ
  • 制度改革を成功に導くために

第1章 挫折から飛躍へ

  1. 優秀社員の退職(ケース1)
  2. ちぐはぐな目標(ケース2)
  3. 変わらぬ人件費(ケース3)
  4. 笛吹けど踊らず(ケース4)

第2章 人を動かし、人を活かす仕組みづくり

  1. 変革の方向性を指し示す
  2. 企業のあるべき姿と社員のあるべき姿
  3. 経営成果と人材費の最適バランス
  4. 人事基本方針書の作成
  5. 目標管理制度の活用

第3章 仕組みを活かす運用の極意

  1. 人事制度改革の成否は運用にあり
  2. 制度運用に不可欠なプロ管理者の存在
  3. プロ管理者の評価の視点
  4. プロ管理者に必要な面接スキルと信頼獲得力
  5. 人事制度 継続的改善の視点

第4章 進化する人事

  1. 新しい人事制度
  2. 区分けの人事
  3. 部門別成果配分制度と社内人財流動化策
  4. コンピテンシーと360度評価
  5. インセンティブプランとストックオプション
  6. 人事制度のオープン化

第5章 『人財経営』を目指して

  1. 顧客満足を高め、顧客価値を追求する
  2. プロセスの設計に社員を参画させる
  3. 幹部や社員を自律的に行動させる
  4. 自社独自の計数基準を守る

終章 人事制度改革の全体像と進め方

    人事制度改革のストーリー

  • ステップ1:現状分析のメニュー
  • ステップ2:問題点の共有化、方針検討、推進スケジュール
  • ステップ3:制度構築
  • ステップ4:新制度導入準備