当たり前のことをやり抜く会社が勝つ!

名古屋 052-586-8829

静 岡 054-205-8180

東 京 03-3518-6363

大 阪 06-6364-1350

(受付時間:平日9:00~18:00)

当たり前のことをやり抜く会社が勝つ!

丸山弘昭 著
中経出版 1,512円(税込)
buy_amazon
こんなことに気をつけて経営をしていれば絶対に失敗することはない。生き残り戦略がやがて勝ち組企業への道となるといった視点から経営の基本について紹介しています。

目次

プロローグ
勝ち組と負け組の“違い”はここにある!
-倒産企業、勝ち組企業に見る、「負けない経営」へのヒント-

  1. これまでの常識を捨てよう!
  2. 経営のスコアカードをつけよう
  3. 「時価貸借対照表」をつくろう
  4. 「わが社は何屋さんか」を問い直そう
  5. 当たり前のことをやり続ける力を培おう
  6. 特定の層のユーザーニーズを徹底的に追求する
  7. 余計なところにカネをかけず、「小さな本社」を心がける
  8. 優良企業の経営戦略を徹底研究しよう
  9. 勝ち組企業は、どこが違うのか?(1)
  10. 勝ち組企業は、どこが違うのか?(2)
  11. 勝ち組企業は、どこが違うのか?(3)

第1章
利益を生む経営体質をつくる!
―利益を生むしくみができている会社か、ドンブリ勘定の会社か-

  1. 経営には首尾一貫性を持たせよう
  2. 経営理念を大切にしよう
  3. 挑戦的なビジョンを打ち出そう
  4. 経営基本戦略を徹底して考え抜こう
  5. 変化に対応できる経営戦略を持とう
  6. 中期経営計画を策定しよう

第2章
利益を生む経営体質をつくる!
―利益を生むしくみができている会社か、ドンブリ勘定の会社か-

  1. 経営は「攻めが7割、守りが3割」と心得よう
  2. キャッシュフロー経営を進めよう
  3. キャッシュフローを改善しよう
  4. 損益分岐点を切り下げよう
  5. 時価貸借対照表でスリム経営を実行する
  6. 経営の良し悪しは投下資本の利益率で判断しよう
  7. 「最低必要利益はいくらか」を見よう
  8. 利益を必達するための「予算策定」の方法
  9. 人件費の総額をコントロールしよう
  10. 1会計が企業経営にいかに役立つかを知ろう

第3章
「顧客が集まる会社」をつくる!
―お客を大事にしている会社か、儲けに走っている会社か-

  1. 事業の目的は顧客の創造にある
  2. 自社の得意分野、事業範囲は何かを知ろう
  3. 「商品、顧客は先細りしていないか」をチェック
  4. 「どこに事業の的を絞るか」を考えよう
  5. 「差別化の方針は明確か」を確認する

第4章
「人が活きる会社」をつくる!
―人が活かされる会社、人材が育たない会社の違いとは?-

  1. 人こそ最高の経営資源である
  2. 経営理念、ビジョンと首尾一貫性のある人事制度をつくる
  3. 社員の自己実現を支援するプラットフォームづくり
  4. 経営者は最高の教育者である
  5. 経営者は強いリーダーシップを発揮せよ

第5章
「次代に活きる会社」をつくる!
―後継者を育て、脈々と息づく会社をどうやってつくるか?-

  1. 子供に事業を継がせるかどうかを決断する
  2. 創業者自ら、二代目の経営能力を鍛える
  3. 自社株を上手に渡す
  4. 後継者に事業承継プランを策定させる
  5. M&Aで「ハッピーリタイア」する