30代の取締役が語る、実力主義とは?

30代半ばまでにグループ会社の取締役になった者が多数存在。

株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング 取締役 公認会計士 万野 裕人株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング 取締役
万野 裕人

アタックスは年功序列ではありません。
常に新しい事にチャレンジできる風土があり、実績をあげた社員の中には30代半ばでグループ会社取締役になった社員や拠点長になった社員もいます。
チャレンジ出来る場があることと、そこに挑戦する者が多い事がアタックス社員の特徴です。

若い社員であっても、それぞれの立場の中で自分のやりたいことができる

どうやったらお客様に価値を生み出せるのか考え、実行できる風土があります。
一番重要視しているのが「教育」。入社後、短期間で成長できる組織にしていきたい。

企業再生というフィールドはアタックスに入社してはじめて知った

幅広い知識は必要ではありますが、仕事の中で現場を知ることによって知識を得ることが出来ました。

30代半ばでグループ会社の役員になれたのは、アタックスは年功序列ではないから

20代からやりたいことをさせてもらい、その中でお客様の価値を徹底的に考え、その内容をお客様と共有し、実践していきました。その部分をアタックスはしっかり見てくれていたと思います。

求職者へのメッセージ

会社をよくしたいという熱い気持ちを持った会計士・税理士の人にぜひ来ていただきたいと思います。アタックスの仕事は、会計や税務の知識を活かしながら、お客様をどのように良くして成長させていくかを一緒に伴走しながら味わえる仕事です。

 

新しいサービス「経営財務顧問」で決算の数字が読めなった社長が数字を見ながらPDCAを回せるようになった

アタックス税理士法人 中小企業診断士 鵜飼 潤アタックス税理士法人
中小企業診断士 鵜飼 潤

税務顧問とは別に、毎月クライアントの試算表を見える化。(利益改善図表を作成)し、会社の将来を検討していく経営財務顧問サービスの立上げに参画。

アタックスは、顧客の経営課題を解決することを重要視している

今まで決算書の読み方が分からなかった社長様が、数字で自社の未来を語れるようになります。

アタックスは実力主義であり、顧客満足度が高い人材が評価される

経営幹部になるのに年功は関係なく、私自身も29歳でSBU長(Strategic Business Unit)代行という役職になっています。

求職者へのメッセージ

税務の枠にとらわれず、社長の経営相談に乗りたい、と思われている方には、まさにアタックスは最良の場所だと思います。また、相続対策や組織再編、移転価格税制など高度な税務知識も活用できる職場です。

LINEで送る
Pocket

ページ上部へ戻る